久留米リハビリテーション病院

入院案内

地域に根差した病院づくりを推進しています

地域医療連携室

病気や事故により体に障害が残った場合、今まで通りの生活に困難が生じ、これから先の生活に不安を感じることがあります。そのような不安や心配事などについての相談に応じます。

外来の患者様、入院中の患者様、ご家族様や地域の方々が抱える問題が解決の方向に進むよう一緒に考え、お手伝いさせていただきます。 また、他の医療機関や福祉施設、公的機関などの関係機関とも連携を図り、様々な社会資源等の情報を提供できるよう、努めています。

病院の中において、医療チームの一員として積極的にスタッフ間で話し合いの場を持ち、社会福祉の専門性を活かすことで、患者様やご家族様が抱える問題の解決に一歩でも近づけたいとの思いで、 お手伝いさせていただいております。

こんな心配ありませんか?

その他、気になること分かりにくいことは地域医療連携室にお尋ね下さい。
(ご相談は無料です。出来る限りのことはさせていただきます。)
自動車事故により重度障害が残り、在宅で療養されている方々の、短期入院に関する相談を受け付けています。
相談内容の秘密は厳守いたします。

入院相談の流れ

  1. 医療ソーシャルワーカーが入院相談の窓口として対応します。
  2. 医師、看護部長等と入院判定会議を開き、受け入れの検討をさせて頂きます。
  3. 受け入れさせていただく場合は入院の日程を調整し、入院となります。やむを得ず受け入れを見送る場合は、必要に応じて他の社会資源等の情報を提供させて頂きます。
事前の病院内見学も随時受け付けております。
連絡をいただくか、外来受付にて医療ソーシャルワーカーをお尋ね下さい。
患者様の状態を詳しく把握するために、医療ソーシャルワーカーが患者様の面会に
伺うことがあります。ご迷惑をおかけ致しますが、ご協力の程よろしくお願い致します。

お問い合せ

TEL:0942-43-8033【月~土曜日(8:30~17:00)】 FAX:0942-45-0388

医療ソーシャルワーカー

4名体制で取り組んでおります。

医療チームの一員として、毎日病棟内のカンファレンスに参加し、他職種のスタッフと話し合いながら、患者様一人一人のニーズに応えられるよう支援させていただきます。

病棟内でのモーニングカンファレンス

病棟内でのカンファレンス

地域医療連携室・在宅総合ケアセンターでの様子

地域医療連携室・在宅総合ケアセンターでの様子


退院後の生活について不安や心配事が軽減できるよう、退院前に本人様・ご家族様、退院後に関わるサービス事業者の方々(ex、ケアマネージャー、事業者、施設スタッフ)と、病棟の担当スタッフとの話し合いの場を設けています。

ページの先頭へ

日本医療機能評価機構認定病院| 久留米リハビリテーション病院| 福岡県久留米市山本町豊田1887| TEL 0942-43-8033| FAX 0942-45-0388|
Copyright©2013 Medical acorporation "KABUTOYAMA". All Rights Reserved.