久留米リハビリテーション病院

看護師紹介

山下ヨネ子・看護部長からのメッセージ

山下ヨネ子・看護部長からのメッセージ

「当たり前のことを当たり前に」きっちりとやる看護をモットーに。

病院の顧問の方と共通の友人を介して、看護部長としての就職のお話をいただいたのは、国立病院機構菊池病院で定年を迎えようとする間際の時でした。 退職後は、しばらくのんびりしようと思っていましたが、実際に院長とお会いして話を伺うなかで、私のストレートな物言いに対してもしっかりと受け止めていただける懐の深さに感覚の一致を見て、 「ここならやれる」と確信し、お世話になることを決めました。 また実際に病院を訪問し、施設の素晴らしさや緑に囲まれた豊かな環境も、第2のチャレンジを決める大きな要因となりました。 何より病院特有のニオイが全くないことに、看護ケアが行き届いていることを実感しました。

そして、2013年4月から看護部長として勤務していますが、少しずつ課題も見えてきました。最も大きなテーマは、何といっても看護師の人材確保です。 出産による休職をはじめ、その他の諸々の事情から、なかなかシフトを組むのに苦労しているのが現状です。 私のモットーは、夜勤を含めて「当たり前のことを当たり前にきっちりとやる」ことであり、それを看護部の方針としています。 そして患者さんやそのご家族の方に温かく接することができ、喜んでいただけることが、「地域に必要不可欠」な存在となる第一歩だと思います。 比較的若い看護師さんが多いので、そうした若い人たちが働きやすい職場環境づくりに努めながら、回復して自宅に帰っていかれる患者さんおよびご家族と喜びを分かち合えることを最大の喜びに、 微力を尽くしていきたいと考えています。

山下ヨネ子

国立久留米病院附属看護学校を卒業後、国立病院機構に就職。
九州がんセンターおよび九州内4つの国立病院に勤務。
定年退職を機会に、2013年4月に当病院の看護部長として就職。


志波マユミ・看護マネジャーからのメッセージ

志波マユミ・看護マネジャーからのメッセージ

患者さんの気持ちが汲める感性豊かな看護師に期待しています。

私は現在、看護師長として外来と在宅支援(デイケア)の全体を見ています。 スタッフは外来が5名、デイケアが16名です。看護だけでなく介護と医療をつなぐ立場にたって、患者さんや利用者さんにとって最適なケアを提供できるように務めています。 患者さん一人ひとりの社会的な背景や家族環境などに配慮しながら、あくまでも人間としての尊厳を大切にした全人的なケアを心がけています。

私が当病院に入ったのは、まだ先代が院長だった1981年のことで、知人の紹介で医療事務担当の職員として就職しました。 そして、日々患者さんや看護師の姿に触れるなかで、看護という職業に魅力を感じるようになりました。そこで院長の勧めもあって、働きながら看護学校に通い、 正式に看護師として働くようになったのです。 当時からは、建物や施設はすっかり新しくなり、職員も約70名が230名へと増えましたが、変わらないものは人のあたたかさとやさしさですね。 私も先輩、上司に恵まれて、ここまで来れたのだと実感しています。 また新しい院長のもとで、「かぶとやまルネサンス」を掲げ、「地域にとって必要不可欠な存在」となるべく生まれ変わった建物・施設もすばらしいと実感しています。 働くスタッフにとっても就労環境は重要です。職員がキリキリとした顔をしていたら、患者さんの心のケアはできませんからね。 これからの目標としては、介護と医療の架け橋となり、在宅支援の充実に力を注いでいきたいと思っています。 患者さんの言葉のはしばしや表情のちょっとした動きからも気持ちを汲み取ることができるような、感性豊かな看護師の応募に期待しています。

志波マユミ

高校卒業後、2年間のOL経験を経て、
1981年4月に医療事務担当の職員として就職。
働きながら看護学校へ通い、看護師として勤務。現在に至る。


ページの先頭へ

日本医療機能評価機構認定病院| 久留米リハビリテーション病院| 福岡県久留米市山本町豊田1887| TEL 0942-43-8033| FAX 0942-45-0388|
Copyright©2013 Medical acorporation "KABUTOYAMA". All Rights Reserved.