久留米リハビリテーション病院

理学療法 PT部門

理学療法とは?

理学療法は、加齢や疾病により障害を負われた方に対し、一日も早くその人らしい生活が取り戻せるように、運動療法や物理療法を用いて、 基本的な動作能力や日常生活動作の獲得を目的としています。 また、生活を送るうえでの不利益を少なくするため、住宅改修や福祉用具の選定などの環境調整を行います。 近年では、予防に対する理学療法士の関わりも積極的に行われています。

理学療法紹介

運動療法
運動自体を治療手段に用いた方法です。

関節可動域練習

関節可動域練習

動作に必要な関節の動きの維持・改善を図ります。

筋力増強練習

筋力増強練習

筋力の低下は動作の安定性を阻害したり、痛みを誘発する原因となります。


持久力向上練習

持久力向上練習

動作や運動の継続に必要な筋持久力・心肺持久力の向上を図ります。

バランス練習

バランス練習

転倒なく安全に動作を行うための大切な練習です。。


物理療法
熱・水治療・光線・電気刺激など物理的機械を用いた治療です。


日常生活活動演習
立ち上がりや歩行など日常の基本的な動作を練習します。
理学療法室だけでなく、生活の場(病棟)での練習も行っています。

起き上がり動作練習

移乗動作練習

立ち上がり動作練習

歩行練習

階段昇降練習

床上動作練習


ブレースカンファレンス(装具検討会)

装具療法は、脳卒中や整形外科疾患のリハビリテーションにおいて運動療法と並んで重要な役割を果たしています。
  当院では、適切な装具を適切な時期に作成することで、障害に悩んでおられる方々に少しでも快適な生活を取り戻していただくお手伝いをするため、 ブレースカンファレンス(装具検討会)を実施しています。参加者は、医師・理学療法士・義肢装具士のほか関係職種を交え、様々な視点から検討しています。

学術活動・研修会

「臨床」「研究」「教育」の3つの柱を掲げ、各種学会や研修会への参加、発表を行っています。 また、院内研究発表会や科内での勉強会を通じて自己研鑽に努めています。

ページの先頭へ

日本医療機能評価機構認定病院| 久留米リハビリテーション病院| 福岡県久留米市山本町豊田1887| TEL 0942-43-8033| FAX 0942-45-0388|
Copyright©2013 Medical acorporation "KABUTOYAMA". All Rights Reserved.